アトビーの同僚がチャレンジしていること

atopic001
男女問わず、子供から成人までたくさんの方が
アトピー性皮膚炎で苦しんでおられます。

少し前の話ですが、私の同僚にもアトピーの
女性がいるのですが最初は何と声をかけたら
いいのか戸惑ってしまうほど大変そうでした。

痒いのか、ポリポリ皮膚をかき、周りには
皮膚の皮が散乱してました。

いろいろ治療はしていたみたいですが
なかなか良い方向に進んでいない様子でした。

彼女は季節の変わり目がツライと言っており、
病院でTARC値を計っても1,000pg/mlを超える
などといってました。

先日、久しぶりに笑顔の彼女に会いました。
アトピーが少し軽くなっていたのです。

話を聞くと、
いろいろな事にチャレンジしたみたいです。

食べ物(油、脂肪、小麦)やカラダの洗い方や
皮膚の保湿方法を教えてくれました。

炎症がだいぶんおさまっており、
念入りに保湿していると効きました。

保湿の方法はいろいろあるのですがここ数年
の研究でセラミドはアトピーを改善する働きが
あることが証明されているそうです。

アトビーをしっかり改善するセラミドとは、

atopic003
セラミドとは
私たちの皮膚に存在している成分です。

セラミドは一番外側の表皮の角質層でスポンジ
のように水分を蓄えて肌にうるおいの効果と、
優れた保湿効果をもたらすそうです。

それと、肌の水分の蒸発を防いだり、
外部からの細菌の侵入もふせぎます。

肌は元来生体を保護するために
バリア機能を持っています。

セラミドが角質層においてバリアとしての
役目を行っているのです。

私達は、セラミドのおかげでで水分を
たっぷりと含んだみずみずしい肌が
保たれるのです。

セラミドが不足すると

atopic004
セラミドが不足すると、スポンジのように
水分を蓄えている表皮の角質層が十分に
水分を保持できなくなり、お肌が乾燥して
しまいます。

また、角質層は異物や紫外線からお肌を守る
バリアの役割を果たしています。

セラミドが不足すると、このバリア機能が
低下するため、あらゆる肌トラブルが発生
する原因となります。

セラミドは、お肌の水分保持だけではなく、
お肌の健康を保つ上で大きな役割を
果たしています。

セラミドの減少した肌は、バリア機能が弱く
なるので外部からの刺激を防げず、
かさつきや肌荒れしやすい状態になって
しまいます。

アトピーの方はセラミドが不足している
状態で、皮膚バリア機能が低下している
可能性があるのです。

よって、肌から水分が失われやすくなり、
肌がカサカサと乾燥し、バリア機能がマヒ
しているため、菌が侵入しやすくなります。

菌が侵入すると、アレルギー反応が起こり、
様々な問題が生じます。

セラミドは、敏感肌やアトピー性皮膚炎の
人の保湿に適しており、壊れたバリア機能を
改善する働きや、肌荒れを改善する働きが
あることが確認されています。

アトビーにはどんなセラミドが効果的なのか

serami002
セラミド配合の塗るクリーム系が一般的です。

しかし、敏感肌や、乾燥肌のアトピーの方は
どうしても肌に塗るのはこわいですね。

それに、セラミドは外部から補給しても体内に
なかなか入らないという方もいます。

しかし、最近の研究でカラダの内側から
セラミドが吸収できるようになったのです。

それが「セラミドファイン」です。

セラミドファインは肌に塗るのではなく
飲む「セラミドサプリメント」です。

これなら、敏感肌や、乾燥肌の方も安心です。

それに、セラミドは通常米や麦、コンニャク
などからできているのですが、

セラミドファインのセラミドは
「パイナップル」からできているのです。

パイナップル生まれのセラミドは乾燥や紫外線
で失いがちな潤いをしっかりキープ、水分量
をアップ、水分蒸発量を極力少なくします。

それに輝き成分「フィトール」が含まれて
います。

美のリズムを応援するフィトールで、
内側から強力に透明感をケアして紫外線対策
ができるのです。

セラミドファインは「飲む」サプリメントで、
植物成分にこだわり、着色料や香料、保存料も
一切使っていません。

美容+健康のサポート成分を贅沢に配合の
セラミドファイでアトピー性皮膚炎を改善して
みませんか。

興味のある方は一度試してみてはいかがでしょうか。

セラミドファインに興味を持たれた方はこの記事も読まれています。